a

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer. Proin gravida nibh vel velit auctor aliquet. Aenean sollicitudin, lorem quis bibendum.

+ 0800 2466 7921

[email protected]
34th Avenue New York, W2 3XE

Recent Posts

Follow Us On Instagram

 

性別適合手術を受けるための基準

性別適合手術を受けるための基準

性別適合手術 とは男性器から女性器の外観と同じように手術し、膣の形を作ります。
手術技術は時代と共にが変わりまして現在とは女性器と非常に形が似ています。 外観の女性器は大陰唇、小陰唇とクリストリスを含めています。膣の形を作るのはまた様々手術技術があります。それは男性器の周りの皮膚をとったり、睾丸の皮膚をとったり、両方の皮膚をとる場合もあります。

性別適合手術を受ける為の基本条件
1. 20歳以上の成人である事。それ以下の年齢の方は保護者の同意が必要となります。
2. 女性として1年以上実生活をしている事
3. 女性として周囲から受け入れられ、プレッシャーを感じずに生活をしている事
4. 1年以上女性ホルモンの注射、または錠剤の服用をしている事
5. Gender Identity Disorder もしくはGender Dyshoriaと診断されている事
6. 精神的に正常であり、手術可能な精神科医による診断書を所持している事

性別適合手術に対して不適な方は

1.精神科医による精神的な病気(Schizophrenia)と診断された方。
2.性病関係のある病気になっている方。梅毒、疣、ヘルペスなど。
3.持病になって大腸を手術不可能の方。心臓病、肺病などは治療するのは完全にないので医者によると不許可になります。
4.HIVで病気、CD4のレベルが規準より非常に低い方は手術前に治療することが必要になります。
5.性別に厳しく偏見がある国にいらっしゃる方。アフリカの東部国